東急バス 東急トランセ

バスを安心してご利用いただくために 新型コロナウイルス感染予防への取り組み 路線バス

当社では新型コロナウイルスに関連する感染症に関し、国土交通省や厚生労働省からの要請および「バスにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」等を踏まえ、感染防止に関する各種取り組みを行っております。

なお、「バスにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」は公益社団法人日本バス協会ホームページにてご案内しております。

ガイドラインへのリンク

1車内消毒

車内は抗菌加工をしております。

ウイルスや菌を不活性化させる「無光触媒」を、車内でお客さまが手を触れられる箇所(手すり、シートなど)をはじめ、ガラス面、壁面など車内全体に噴霧することによりコーティング施工しております。

車内は定期的に消毒と清掃作業を行っております。

念入りに消毒・清掃をしておりますので、走行中にお立ちのお客さまは安全のため、つり革・手すり等におつかまりください。

2車内換気

換気装置の稼働

天井装置の換気扇を常に稼働させ、
車内の空気を排出・換気しています。
(左)車内からの画像 (右)車外からの画像

窓開け換気

車内の前方2か所、後方2か所程度の窓を5cm〜10cmを基準に開放してから運行しています。
起点・終点等では、窓の開放状態を確認しています。

ドア開閉換気

運行中、各停留所でお客さまが乗り降りする際のドア開閉でも換気は促進されます。また、起点終点等でお客さまがご乗車されていない際もドア開放で換気を促進しています。

車内の換気実験の映像
(当社実験)
※換気扇を稼働させ一部の窓を開放した状態

3飛沫感染防止

運行中、乗務員はマスクを着用します。
飛沫防止対策をさらに進めるため、遮蔽パネルを設置しています。

4乗務員をはじめとする従業員の取り組み

手洗い、うがいの徹底
従業員の健康管理(出社時の体調管理等)の徹底
乗務員をはじめ、全従業員におけるお客さまと接する際のマスク着用
※熱中症等予防のため、一部の係員につきましては、屋外での作業時に置いて、マスクを着用しない場合がございます。(協力企業の従業員も含む)
また、屋外での作業時でも、体調不良を感じるなど熱中症の恐れがあるときは、お客さまと接近しないことを確認したうえで、マスクを着用しない場合がございます。何とぞ、ご理解賜りますようお願い申しあげます。

感染及び濃厚接触の疑いがある場合は、国・各都県・医療機関等の指 示に従って対応いたします。

5お客様へのお願い

お客さまにおかれましても、車内ではマスクを着用し、会話は控えめに、咳エチケットや手洗いなどの感染予防、ラッシュ時間帯を避けるオフピーク通勤にご協力くださいますよう、お願い申し上げます。