ニュースリリース

65インチ4Kディスプレイを使用したバス総合案内を東急田園都市線青葉台駅に設置
青葉台駅発のバス時刻を各社局のキャラクターとともにご案内します

2018年07月04日

 

 

(東急田園都市線青葉台駅改札正面に設置、のりばごとに次発・次々発まで表示)

東急バス株式会社(本社:東京都目黒区、取締役社長:山口哲生、以下、東急バス)では、デジタルサイネージを活用したバス総合案内を東急田園都市線青葉台駅に設置し、2018627日より運用を開始いたしました。

今回設置したバス総合案内は、青葉台駅発の全てのバス時刻情報を、日・英の2か国語で各社局のキャラクターとともにご案内するものです。ディスプレイはソニーマーケティング株式会社の65インチ4K液晶テレビ「ブラビア」を採用、文字表示には株式会社モリサワのユニバーサルデザイン書体(UD書体)を使用し、くっきりと分かりやすく、見る人にやさしい仕様となっております。

また、システム構築は株式会社ナビタイムジャパンが手掛けており、同社の保有する時刻情報を、配信システム「Will-Sign」を通じて表示することで、ダイヤ改正時にサイネージ用の更新作業を行うことなく各社局の情報をご案内する仕組みとなっております。

 東急バスでは、今後も東京急行電鉄株式会社と連携し、鉄道駅等におけるバス情報案内の充実を通じた乗り継ぎ利便性の向上を図り、鉄道・バスをシームレスにご利用いただける環境づくりに努めてまいります。

※株式会社Will Smartが提供するデジタルサイネージ配信管理システム。

以 上

本件に関するお問い合わせは

 ・東急バス株式会社

経営企画室 総務・人事部 総務課(広報担当)   TEL03-6412-0109

までお願いいたします。



【参考】この資料は、次の記者クラブにお届けしております。

国土交通記者会、国土交通省交通運輸記者会、横浜経済記者クラブ、横浜市政記者室


 

プレスリリース.pdf