イベント・グッズ

ザ・バスコレクション 東急バスオリジナルセット「惜別 富士重工業7Eセット」発売のお知らせ
2016年4月28日 発売 2016年7月11日更新

2016年04月20日

東急バスでは20143月と201412月にザ・バスコレクション 東急バスオリジナルセットを発売し、ご好評をいただいたことから、その第3弾としてザ・バスコレクション 東急バスオリジナルセット「惜別富士重工業7Eセット」を数量限定で428日(木)より発売いたします。詳細は以下の通りです。

※ザ・バスコレクションはNゲージ鉄道模型サイズ(1/150)です。



1. 商品名



ザ・バスコレクション 東急バスオリジナルセット「惜別 富士重工業7Eセット」



2. 発売日



2016428日(木)



3. 発売個数



6,000セット



4. 発売価格



1,950円(税込)



5. モデル化車両について



l KA1512号車(富士重工業7E短尺車:KC-UA460HSN



東急バスでは、かつて多くの車種に富士重工業製車体を指定してきましたが、1960年以降は貸切バス等一部を除き日産ディーゼル社の乗合バスのみの架装となりました。1512号車は富士重工業17E(略称:7E)型車体を架装した日産ディーゼル車です。7Eのツーステップ車は1988年から1999年の間に160台以上導入され、東急バスの主力車両のひとつとして多くの営業所で活躍しました。1512号車は1996年から2008年まで、今はなき川崎営業所に所属、他営業所に転属することなく、主に川崎駅や武蔵小杉駅を拠点とする路線で活躍していました。



l NI309号車(富士重工業新7EKL-UA452KAN改)



富士重工業17E型は改良され新17E型(略称:新7E)となり、東急バスではノンステップバスとして2001年から2003年にかけて35台が導入されました。309号車は新7Eのノンステップバスで、2002年に川崎営業所にKA309号車として新製配置、のちに新羽営業所に移籍、NI309号車として活躍しました。東急バスでは長年にわたり富士重工業製の車体を愛用してきましたが、NI309号車が東急バスに在籍する最後の富士重工業製となりました。2015316日、綱45系統・江田駅=綱島駅間の運行を最後に引退しました。



6. 発売箇所



l TOKYU STYLE(通信販売)

l 電車とバスの博物館(4月28日は木曜日のため休館です)

l 東急百貨店 渋谷・本店 (200個限定販売となります) 

l 東急百貨店 たまプラーザ店 (トレインパーク期間中の販売となります)

l 東急百貨店 ネットショッピング (通信販売)

l 東急ハンズ新宿店7

l ポポンデッタ 通販本店

※東急バスの営業所および案内所では発売いたしません

※販売方法は各販売箇所により異なります。

※数量限定ですので売切れの際はご容赦ください。

※混雑状況によりおひとり様のお買い上げ個数を制限させていただく場合がございますので予めご了承ください。

【東急バス】バスコレクション画像.JPG バスコレ第3弾画像(補正).jpg

以上

お問い合わせ

東急バスお客さまセンター 03-6412-0190 (平日9:00~19:00)