イベント・グッズ

「ザ・バスコレクション 東急バスオリジナルセット」発売のお知らせ

2014年11月18日

日頃より東急バスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

東急バスでは20143月に発売した「ザ・バスコレクション 東急バスオリジナルセット」で20周年記念塗装車モデルがご好評いただいたことから、その第2弾を数量限定で1213日(土)に発売いたします。詳細は下記の通りです。

※ザ・バスコレクションはNゲージ鉄道模型サイズ(1/150)です

1. 発売日

20141213日(土)

2. 発売個数

4,000セット

3. 発売価格

1,950円(税込)

4. 発売商品について

l T1139号車(日野:LJG-HU8JLGP・一般路線バス先代カラー)

戦後の東急バス(当時:東京急行電鉄㈱)の標準色は、銀色に赤帯、フェンダーを黒色とし、側面には大きな「T.K.K.」のロゴを表示していました。

1950(昭和25)年頃から、側面は車体裾部に水色を波型に塗装し、さらに赤帯の上下に黄色の細線を加え、また前面は中央で赤帯を下方に落とし込み、裾部の水色の立ち上げ部と接するデザインとし、カラフルなデザインとなりました。その後、1956年頃には裾部の水色の波型を直線的な鋸刃状に改め、1969年頃まで使用されました。

196810月から裾部水色と黄色を廃止する「塗装工程の合理化」を図り、現行一般路線バスの原形となる塗装スタイルとなりました。このカラーは現在東急バス20周年記念塗装として再現され、弦巻営業所・青葉台営業所所管路線で運行されています。

l NI3175号車(三菱:LKG-MS96VP・都市間高速バスカラー)

1988(昭和63)年、都市間高速バス「MILKY WAY(ミルキーウェイ)」の運行開始に際して採用された、夜間高速にふさわしい青色を基調とした塗色で大変好評を博しました。

都市間高速バスは、渋谷から和歌山・出雲・酒田・姫路線と4路線を運行しておりましたが、1998(平成10)年にまでに全路線撤退したことから、この塗色も見られなくなりました。

このカラーは東急バス創立20周年記念塗装として再現され、新羽営業所所管の羽田空港連絡バスとして運行されています。

5. 発売箇所

東急百貨店渋谷本店・たまプラーザ店、

東急ハンズ新宿店7FTOKYU STYLE(通信販売)ほか

東急バスの営業所・案内所では発売いたしません

混雑状況によりお一人様のお買い上げ個数を制限させていただく場合がございます

     

    IMG_0291.JPG

 左 : T1139 号車(日野:LJG-HU8JLGP・一般路線バス先代カラー)

  右 : NI3175 号車(三菱:LKG-MS96VP・都市間高速バスカラー)

お問い合わせ

東急バスお客さまセンター 03-6412-0190