東急バス インフォメーション&沿線ガイド【TOKYUBUS GUIDE MAP】

バス停名の由来を巡る旅 江戸のお山の麓です!「愛宕山下」

虎ノ門のオフィスビル街にある「愛宕山下」停留所は、その名のとおり「愛宕山」の下にあります。都心に山とは意外ですが、愛宕山は標高26m、23区内で最も高い自然の山です。木々がしげる山頂には「愛宕神社」が鎮座し、周囲の喧騒を忘れさせてくれます。

「愛宕」の地名の由来はこの神社からで、「愛宕」は火伏せ(防火、鎮火)の神様です。江戸時代中期より、京都の愛宕神社を発祥とした愛宕信仰が全国に広まったことから、現在でも「愛宕」の地名は全国各地にみることができます。

東京の「愛宕神社」は、1603年(慶長8年)、江戸幕府が開かれたとき、江戸の防火を願った徳川家康によって、江戸で一番高いこの山に創建されました。

家康の守り本尊を祭ったことから、「開運」「勝ち運」の神としても知られ、多くの人々の信仰を集めてきました。江戸時代には、山頂から東京湾や房総半島まで見渡すことができ、古くから信仰と見晴らしの名所としてもにぎわってきたそうです。

愛宕神社の「出世の石段」

「愛宕山下」停留所からすぐ近くにある大鳥居をくぐると、正面に本殿に向かう急な石段(男坂)がそびえたちます。この石段には、馬術の三大名人についての講談「寛永三馬術」の中の「愛宕山梅花の誉れ」で伝わる有名な逸話があります。それは、徳川家光が増上寺参拝の折、愛宕山山頂に咲いていた梅を見て、「この石段を馬で駆け上って、梅を取ってくるものはいないか」と言ったところ、丸亀藩士・曲垣平九郎が見事成功。「馬術の名人」として讃えられ、1日にしてその名を全国に轟かせたという話です。

この逸話から、この石段は「出世の石段」と呼ばれ、今でも多くの人々がこの石段を上り、参拝に訪れます。山の上からの眺望は大きく変わっても、石段を見上げる人々の思いは、江戸時代のそれとさほど変わっていないのかもしれませんね。


愛宕神社

江戸の時代から東京の街を眺め続けてきた神社。境内には、出世の階段のほか、なでると福が身に付くといわれている「招き猫」や、江戸時代に曲垣平九郎が将軍徳川家光に献上したといわれる「将軍梅」などもある。ぜひ一度訪れてみたい、都心のオアシス。

■お問い合わせ 03-3431-0327
http://www.atago-jinja.com/ 港区愛宕1-5-3

おすすめ
立ち寄りスポット

  • 虎ノ門ヒルズ

    「西新橋二丁目」すぐ

    2014年6月開業のオフィスやホテル、住居、飲食店、ショップなどで構成されている地上52階建ての超高層ビル。レストラン&カフェは、一度は訪れてみたい高級店からカジュアルなカフェまで揃っている。芝生が広がる「オーバル広場」は、都心のオアシスとして観光客やオフィスワーカーの憩いの場。ここからの夜景観

    ■お問い合わせ
    http://toranomonhills.com/ja/
    港区虎ノ門1-23-1~4

  • NHK放送博物館

    「慈恵会医大前」徒歩約3分

    放送の歴史をたどることができるNHK放送博物館が2016年1月、リニューアルオープン!話題の超高精細映像「8K・スーパーハイビジョン」が体感できるシアターや、大河ドラマなどの登場人物の衣装を映像で仮想着用体験できるコーナーが新設され、人気をよんでいる。番組公開ライブラリーや放送体験スタジオなども見逃せない。

    ■お問い合わせ:03-5400-6900
    http://www.nhk.or.jp/museum/
    港区愛宕2-1-1
    9:30~16:30 月(祝日、振替休日の場合は翌日)休館 入館料無料

TOKYUBUS GUIDE MAPのサイトを、正常かつ快適にご利用いただくために、以下をブラウザ推奨環境としています。

【Windowsをご利用の場合】
  • Internet Explorer 9.0以降
  • Firefox 最新版
  • Google Chrome 最新版
【Macintoshをご利用の場合】
  • Firefox 最新版
  • Google Chrome 最新版
  • Safari 最新版

上記の環境以外では、全て動作しないことはありませんが「画面表示が崩れる」「ボタンが押せない」などが起こる可能性があります。
ご利用いただいているブラウザの種類・バージョンをご確認いただき、推奨環境でのご利用をお願いします。