東急バス インフォメーション&沿線ガイド【TOKYUBUS GUIDE MAP】

バス停名の由来を巡る旅 昔の人の名前かな?「権之助坂」

権之助坂は、目黒通りの一部で、オフィスビルや商店街が立ち並ぶにぎやかな広い坂道です。坂道を緩やかに下った先に「権之助坂」バス停があります。坂の名は、ゆかりのある人物からきているのでしょうか。「権之助」という人名が、想像をかき立てますね。

江戸時代中期、農村だった目黒に、菅沼権之助という名主(なぬし)がいたそうです。この名主が坂に名を残した人物で、諸説ありますが、由来にまつわる悲しい話が二つ残されています。一つは、苦しい生活をしている村人を見かねた権之助が、幕府に年貢米の軽減を訴えたことが罪に問われたという話です。直訴することは重罪だったため、処刑が決まり、刑場に連れて行かれる権之助はわが家を一目見たいと願って、縛られたままこの坂の上から家を眺めたとか。それ以来、この坂を「権之助坂」と呼ぶようになったといわれています。

交通量の多い「権之助坂」。バイパスができてからは、下りの一方通行になっています

もう一つは、以前からあった「行人坂」があまりにも急勾配で人々が苦労していたので、権之助が幕府の許可を得ずに、なだらかな坂を切り開き、それが罪となり処刑されてしまったという話です。村人が権之助の功績を讃えて、この坂を「権之助坂」と呼ぶようになったと伝わります。

どちらの説からも、村人を思う権之助の気持ちと、権之助をしのぶ村人たちの気持ちがうかがえますね。「自然園下」バス停の近くには、権之助の墓が今も残されているそうです。

権之助坂バス停近くの目黒川。桜の季節には多くの人でにぎわいます
写真提供:めぐろ観光まちづくり協会

目黒川にかかる目黒新橋の脇に置かれた「権之助坂」の坂標

TOKYUBUS GUIDE MAPのサイトを、正常かつ快適にご利用いただくために、以下をブラウザ推奨環境としています。

【Windowsをご利用の場合】
  • Internet Explorer 9.0以降
  • Firefox 最新版
  • Google Chrome 最新版
【Macintoshをご利用の場合】
  • Firefox 最新版
  • Google Chrome 最新版
  • Safari 最新版

上記の環境以外では、全て動作しないことはありませんが「画面表示が崩れる」「ボタンが押せない」などが起こる可能性があります。
ご利用いただいているブラウザの種類・バージョンをご確認いただき、推奨環境でのご利用をお願いします。