東急バス 東急トランセ

バスを安心してご利用いただくために 新型コロナウイルス感染予防への取り組み 路線バス

当社では新型コロナウイルスに関連する感染症に関し、国土交通省や厚生労働省からの要請および「バスにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」等を踏まえ、感染防止に関する各種取り組みを行っております。

なお、「バスにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」は公益社団法人日本バス協会ホームページにてご案内しております。

ガイドラインへのリンク

1車内換気

一部窓を開けての換気・ドア開閉による換気…車内エアコンと併用し、換気を促進しています。

大型バスの車内空調について 観光バスの新型ウイルス新生活様式への対応

2車内消毒

ウイルスや菌を不活性化させる「無光触媒」を、車内でお客さまが手を触れられる箇所(手すり、シートなど)をはじめ、ガラス面、壁面など車内全体に噴霧することによりコーティング施工しております。

手すり・座席シート・肘掛け・荷物棚・トイレのドアノブ等
 …乗務前後及び待機時間中には消毒・清掃を実施しています。

3飛沫感染防止

乗務員席に遮蔽パネルを設置しております。

4乗務員をはじめとする従業員の取り組み

乗務中のマスク着用を徹底しております。
手洗いやうがいを励行しております。
出勤前には検温を実施、乗務前にも健康状態を確認し、体調管理を徹底しております。

5その他の取り組み

オゾン発生器の設置

車内ウイルスリスクの低減と消臭効果が期待されるオゾン発生器を搭載しております。
(日本オゾン協会認定品JOA-S2022号)

6お客さまへのお願い

お客さまにおかれましても、バスをご利用の際は、感染拡大を防止する取り組みにつきましてご理解とご協力をお願いいたします。

マスクを着用してのご乗車にご協力をお願いいたします。
車内でのお客さま同士の会話・食事は他のお客さまにご配慮いただき、極力お控えください。
体調のすぐれない(発熱・咳・倦怠感・息苦しさ等の)お客さまはご乗車をお控えください。
ゴミは車内に残さず、お持ち帰りください。
お客さまが少ない場合は、ソーシャルディスタンス(社会的距離)確保のため、間隔を空けた座席の利用をお願いいたします。
ご乗車時には消毒液を手指に噴霧していただき、ご乗車をお願いいたします。

その他観光バスの新型コロナウイルス感染拡大防止対策やお客さまへのお願いはこちらをご覧ください。こちら