ホームの中の企業情報の中の運輸安全マネジメント

運輸安全マネジメント

当社は安全をすべてに優先します 安全運行への主な取り組み-運輸安全マネジメント制度の導入-

当社の安全に対する考え方

安全方針 ・安全はすべてに優先 ・法令や規則を遵守 ・推測に頼らず、必ず確認 ・問題意識を持ち、変革に挑戦

輸送の安全を確保することは公共交通機関として当然の責務と考えております。
当社では、2006 年10 月から導入された運輸安全マネジメント制度に基づき、「安全管理規程」を定め、輸送の安全に関する基本的な方針として「安全方針」を制定しました。
従業員から経営トップまで全社一丸となって「安全はすべてに優先」を胸に、お客さまへ輸送の安全・快適なサービスを提供するため日々の業務にあたっています。

重点施策の策定

当社では、「安全方針」を達成するための具体的な施策として「重点施策」を定めています。
また、これを担保する手段として、専門の調査員による乗務添乗等によって実施状況を把握し、必要に応じて指導方法等の見直し・改善を図っています。

安全確認の徹底

指差呼称による安全確認をします

発進時に声をだし、確認先を指差しすることで見落としによる事故を防ぎます。

右左折時に一旦停止をします

交差点において、右左折時に一旦停止することで安全を確認する「間」をつくり、見落としによる事故を防ぎます。

発進時に着席確認をします

発進時に、車内のお客さまの着席を確認することで車内での事故を防ぎます。

指差呼称の実施方法

一旦停止の実施方法

コミュニケーション・情報伝達・共有

役職者による営業所訪問

職場意見交換会の実施風景

経営トップや安全統括管理者が積極的に営業所を訪問し、点呼・アルコールチェック等の実施状況を確認しています。また、役員講話や職場意見交換会を実施することで、営業所と本社との情報共有と、双方向のコミュニケーションを図っています。

チーム会議(ワーキング)・事故防止研究会

チームワーキングの風景

乗務員を少人数のチームに分け、各チーム毎に年4回チーム会議(ワーキング)を実施し、必要な情報の共有と、乗務員同士の意見交換を行っています。また、事故の再発・未然防止のために随時、事故防止研究会を実施しています。

教育・研修

安全運転訓練車による実車研修風景

安全運転訓練車の車内状況

ドライブレコーダーの5分割図

安全運転訓練車による実車研修

乗務員の運転内容を映像・数値・グラフで分析し、その場で乗務員指導を実施します。
アイマークレコーダーに乗務員の視線の動きも表示されることから、運転中に注視すべきところをきちんと捉えているか否かも把握できます。
また、運転状況が映像や数値等によって確認できることから、自身気付かなかった運転のクセを客観的に自覚することが出来て乗務員からも好評です。また、事故発生者に対する研修にも活用しています。

ドライブレコーダーとデジタルタコグラフ

ドライブレコーダーで車内外の様子を常時記録し、発生した事故の原因究明やお客さまサービスに活用しています。また、デジタルタコグラフから乗務員の運転特性を把握し、安全運転と経済運転のための指導を実施しています。

安全運転講習会

社外施設を利用し、コンテスト形式で運転技術の精度向上や事故発生時の対応訓練等を毎年実施しています。

主な実施内容

  • 事故発生時の対応訓練
  • コース走行(S字走行・縦列駐車等)
  • 車いす、ベビーカー等のお客さま対応訓練

安全運転講習会の実施風景

安全・安心な車両

ヘリマス

「ヘリマス」とは人や物体の接近を超音波によって把握するセンサーで、ランプと警告音で乗務員に知らせるシステムです。発進時の事故防止に活用しています。

センサーの取付状況

車両周辺の視認性の向上

補助ミラーの設定やアンダーミラーのワイド化、リヤ広角レンズの取付け等、車両周辺の視認性の向上を図っています。

補助ミラーの設定

アンダーミラーのワイド化

リヤ広角レンズの取付状況

その他の取り組み

アルコールチェック

出勤時のアルコールチェック実施風景

乗務前(出勤前・出社時・点呼時)の計3回チェックすることで飲酒運転防止に努めています。なお、乗務終了後や再乗務の都度改めてチェックしています。

安全講演会・運行管理者研修会

安全講演会の実施風景

社外講師(学識経験者・行政・警察関係者等)による、安全講演会や運行管理者研修会を定期的に開催しています。


このページの上部へ